シロクマにわかブログ

のんびり運営中。ネタバレにご注意下さい。

いまさら<The Witcher>無印をやる #02

 

<第一章> 

 

f:id:sirokuma014:20161119102753j:plain
女性と少年が緑色に発光するムキムキの犬に追われているシーンから第一章は始まります。

男の子の方は滑り込みセーフで町の中に入れましたが、女性の方は門の外に取り残されてしまいます。事情も分からぬまま眺めていると・・・。

 

 

f:id:sirokuma014:20161119102842j:plain
ムービー終わったと思ったら突然この画面。

???「ゲラルト!久しぶり!外にまだ女性が!行ってこい!」

そして秒で戦闘が始まるのですが、助けるも何も既に女性の死体が目の前に転がっています。目を白黒させながら犬を殴るゲラルトさん。

 

 

f:id:sirokuma014:20161119103036j:plain
戦闘終了と同時に気絶していた少年が覚醒。

宙に漂いながら難しい言葉を一方的に話しかけてきます。呆気にとられ、ただ眺めているだけのゲラルトさん。

 

こんな感じで第一章の導入部分は終わりです。

展開がものすごく雑です。

 

 

f:id:sirokuma014:20161120144012j:plain
先ほどのコキリ族の女性はシャニさんという方らしいです。

お友達のようですが、記憶を失くしているゲラルトさんにはよく分かりません。

シャニさん「ゲラルト君、リヴィアの大虐殺で死んだって聞いてたけど・・・?」

そうなの?ちょいちょい話題に上がりますけど、ゲラルトさんは一回死んだことになっているようです。

シャニさんにケィア・モルヘンを襲った連中サラマンドラについて尋ねてみると、司祭に会ってごらんとヒントをくれました。

 

 

f:id:sirokuma014:20161119103223j:plain
ヴィジマ郊外を観光中のゲラルトさんと、突然の豪雨に慌てて雨宿りをするおじさん達。

サラマンドラの事は一旦忘れて、初めてやってきた町に思う存分羽目を外すゲラルトさん。

 

お金を賭けて殴り合いをしてみたり・・・

飲み比べでベロンベロンになったり・・・

食料からガラクタまで、なんでもかんでもポケットに突っ込んでみたり・・・

 

村で司祭様を見つけたのでお話を伺います。

f:id:sirokuma014:20161119131939j:plain
司祭、イライラしてんなあ・・・。

最近夜になると獣がやってきて村人を襲うため、そのことに大変悩まされているようです。それでこんなにイライラしているんですね。

 

サラマンドラについてお話を聞いてみますが・・・

司祭  「友達のオド君とハレン君とミクル君がいいって言うなら教えてあげてもいいけど」

でも君のことよく知らないし信用できないなーみんなもよそ者のことなんて信用しないと思うなーなにか行動で示してくれれば別なんだけどなー(チラッチラッ

と、散々ゴネられてみんなの雑用係に任命されてしまったゲラルトさん。まずは司祭様のお願い事を聞いてあげることに。

司祭「村中の祠にロウソクを灯してきて!」
ゲラ「ロウソク灯しても獣は消えないと思うけど・・・^^;」
司祭「うるさい!神様を冒涜するなッ!」

かなり面倒くさいタイプの年寄り・・・。

 

 

ひとまずマップをぐるっと周ってみます。

f:id:sirokuma014:20161119132848j:plain
まだ入れないけど、あれがヴィジマの町かあ・・・。

テメリアの首都というだけあって、結構広そう。門を通るには通行許可証を手に入れる必要があるようです。

一軒一軒まわって全ての棚という棚を検める作業は流石に骨が折れそうだ。楽しみだなあ・・・。

 

 

<サブクエスト:人種差別主義者>

f:id:sirokuma014:20161119133005j:plain
お友達のゾルダンさん。なんかいい奴っぽい。

チンピラに絡まれていたドワーフを助けたら、知り合いだったみたいです。

ゾルダンさん「5年もどこ行ってたの?ま、ウィッチャーにはよくあることだけど」

よくあることなの?

気を使ってくれてるのか、それとも本当にどうでもいいと思っているのかは分かりませんが、ゲラルトさんの記憶喪失&死亡説に関しては「あ、そうなの?」程度の反応でみんな関心薄めなんですよね。

 

 

<サブクエ:足の遅い彼女>

全ての家々に挨拶を済ませ、肩掛けカバンははちきれんばかりです。これを売り捌けば元金ゼロでボロ儲けやで!と、意気揚々宿屋へ向かうゲラルトさんでしたが・・・。

f:id:sirokuma014:20161119133213j:plain
ゴロツキ相手に罵声を浴びせる女性の姿が。

あっ、あれは宿屋の店員ヴェスナさんです。ものすごくアイテム売りに行きたかったんですけど、まさか無視して横を通り過ぎるわけにもいかず・・・これは助けざるを得ない。

ゲラルトがおじさん達に殴りかかると、得たりとばかりに参戦するヴェスナさん。あっという間に倒してしまいます。

乗りかかった船、ということで、お家まで送って行って差し上げることに。

 

 

f:id:sirokuma014:20161120144211j:plain
勇猛果敢なヴェスナさんは先々で現れるモンスターへ前のめりで突進していきます。

ま、まあこれくらい度胸がないと、こんなとこ住んでなんかいられませんしね・・・。

大変勇ましいお姿に戸惑いつつも、問題なくご自宅まで送り届けました。

 

ヴェスナ嬢「お礼は何がいい?」

1.また会えるかな?

2.必要ない。ではな。

 

え・・・
選択肢それしかないの・・・。

 

普通にお金か物が良かったのだが。速攻で頭に浮かんだのはトリスさんのことでしたが、ご本人はまったく意に介していないご様子。

ゲラルトさんの憮然とした表情に閉口しつつ、正直ヴェスナさんとのロマンスは必要ないのでお帰りいただくことに。

ゲラ「おやすみ^^」

宿屋行けば普通に会えるしな。さらばである。

 

 

さて、持ち物は軽くなり財布は重くなったゲラルトさんでしたが、そろそろメインクエストに戻ろうと思います。

宿屋の近くに司祭のお友達が住んでいるようでしたので、ご用件を伺いにお宅を訪問。

 

オドさん「司祭との友情の証を見せてよ」

司祭に”聖なる炎の指輪”とかいう、厨二臭漂うプレゼントを頂いていたのですが、きっとそれのことですね。

おじさんから貰った指輪をつけるのはちょっと抵抗があるけれど、はめ方までとても丁寧に教えてくれたんですよね。まずはインベントリを開いて・・・

 

 

 

えーと、どこにしまったんだっけ?

 

 

 

・・・ない。

 

 


ないんです。どこを探しても。

あれ?あれ?間違って売っちゃった?倉庫に預けてきちゃった??

ダッシュで宿屋に戻るゲラルトさん。宿屋のおじさんも、薬局のお父さんも、肉屋のお姉さんも、誰に聞いても知らないとのこと・・・。

司祭にもう一個下さい!ってお願いしてみたのですが、まともに取りあってすらもらえません。うっかり捨てちゃったのかなあ・・・?

もしかしたら、指輪を受け取るときにインベントリが満杯の状態で、バッグに入りきらず落っことしてしまったのかもしれません・・・。

 

これは一体どうしたら・・・完全に詰んだ。

 

 

やり直すしかない。

 

 

オートセーブに頼りきっていた自分を罵倒しながらセーブデータを掘り起こします。

 

タイムリープしてきたゲラルトさんが門を蹴破らんばかりの勢いで外へ飛び出すと、そこにはチンピラに絡まれるヴェスナ嬢の姿が・・・。

 

ま、まあ致し方あるまい、ついでだしもう一回家まで送っちゃる!モンスターに突っ込んでいくヴェスナさんに付き従い、再び司祭の元へ走るゲラルトさん。

 

 

f:id:sirokuma014:20161119133642j:plain

あれ?ヴェスナさん死んじゃった・・・。

地面に横たわるヴェスナさんの頭上に表示される「死体」の二文字。

なにこれ?噓でしょ?死ぬなんてことあるの?なんということだ・・・。

ちなみに彼女の亡骸からは2円と赤いバラが剝ぎ取れました。

 

 

こんな悲しい結末NG。

やり直しだっ!

しかしなぜでしょうか。初見のときは難なくクリアできたのに、何度やっても殺してしまう。全然お家に着かないんですけど。

困り果ててWikiで検索してみたら、建物に出入りする度に女の子の体力が回復するようです。そうだったのか。よし、それを踏まえてもう一度頑張ってみよう・・・これでダメだったらもう無理><

 

 

ちなみに。家に着いたとき発生する会話の分岐で「また会えるかな?」を選択すると、その後ヴェスナ嬢と逢引きができるらしいですよ。カードも貰えるとか・・・。

 

 

カード。

 

 

トリスさんとベッドに雪崩れ込んだときに拾った、ちょっとエッチなやつのことですかね。

 

 

え?ゲラルトさんそれコレクションしてるの?

 

 

人物メモに「彼女は俺に好意を寄せている気がする」とか自分で書いてて、これは相当な自惚れ屋さんだなあと、思ってはいました正直。

そりゃあさぞかしおモテになるのでしょうが、それにしてもこの趣味はどうだろうか。私は少し引いているよ。

 

 

とにかくWikiの指示に従って、なんとか無事、ヴェスナ嬢をおばあ様の元へ送り届けました。

はあ・・・手こずった。

えらい時間掛かっちゃったなあ。

 

 

ヴェスナ嬢「お礼はデート1回で」

 

 

いらない。
帰って寝ろ。

 

そして仏頂面で司祭から指輪を受け取り、その場で装備。セーブを念入りにした後、ゲラルトさんは再び全ての家屋を無表情で回り始めるのでした。おしまい。

 

 

次回、やっと進みます↓