読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロクマにわかブログ

のんびり運営中。ネタバレにご注意下さい。

いまさら<The Witcher>無印をやる #07

The Witcher ゲームプレイ記録

 

f:id:sirokuma014:20161119153849j:plain
ヴィジマの町を観光中のゲラルトさん。

テメリアの首都ヴィジマは寺院地区・商業地区・高級住宅区の三つに分かれており、ここ寺院地区は非人間族や比較的貧しい人々が暮らしているようです。

 

 

f:id:sirokuma014:20161120222236j:plain
ブラブラしてるゾルダンさん発見。
彼も町に入れたみたいです。

ここにはウィッチャーの仕事が山ほどあるぞ、と教えてくれたゾルダンさんですが、ゲラルトさんの表情は優れません。

ゲラ「怪物を退治するのがウィッチャーの仕事だけどさ・・・本当の怪物は人の心の中にいるのかもしれないなあ・・・」

堰を切ったかのように仕事が辛い、と哲学的に人生相談を始めるゲラルトさん。

 

郊外での出来事、やっぱり気にしてたんだ・・・。

 

しかしこんな立ち話でウィッチャーの葛藤を描いてしまってよかったのでしょうか・・・確かに少々気の毒ではあります。

ちょいちょい失礼な態度を取るゲラルトさんではありましたが、それでも一生懸命励ましてくれる優しいゾルダンさんでした。

 

 

f:id:sirokuma014:20161119154146j:plain
聖レビオダ病院の前でシャニさんとばったり。

そういえばここの病院で働いているって言ってました。改めて見るとあんまり可愛くないなあ・・・。

シャニ「おっ、無事だったんか」
ゲラ 「うん^^ちょっとお話しよ」
シャニ「あんたみたいにヒマじゃないのよ」
ゲラ 「」

すごくそっけない・・・。
それでも諦めきれないゲラルトさん。
食らいつきます。

ゲラ 「な、なんか手伝える事とか・・・」
シャニ「じゃあ薬草取ってきて( ´Д`)=3」

夜に家まで配達しろとのことです。昼間に職場に来られるのは迷惑だそうで。仕方がありません。彼女は疫病と戦っているのです。

 

 

気を取り直して。約束の時間まで再び町を見て回ることにします。

f:id:sirokuma014:20161120225856j:plain
町でキレイなお姉さんを見つければ、ナンパをせずにはいられないゲラルトさん。

ゲラ「あなたの笑顔は実に美しい」

歯が浮きすぎて抜けそうですが、言われた方はポカーンとしています。女性に対してはとにかく数を撃っているゲラルトさん。今回は不発のようです。

 

ゲラ「あ、あの、えっと・・・この町にウィッチャーはいますか?」

女性「いるよ^^女魔術師の犬で特殊な性癖を持つ白狼とかいう奴がな」

ゲラ「」

 

はっきり否定できないのが辛いところ・・・。

どうやら吟遊詩人のダンディリオンとかいう男が、あることないこと好き勝手に言い振り回しているようです。遺憾の意。

 

 

そろそろ日も暮れたので、頼まれた薬草を手にシャニさんのお家へ向かいましょう。

f:id:sirokuma014:20161119154525j:plain
セクシーな恰好で出迎えてくれました。

彼女の人物メモに「俺のことが好き♡」とか自分で書いてて若干引いてましたけど、ゲラルトさんの勘は案外正しいのかもしれません。

 

お仕事でお疲れのシャニさんはこの後少しデレてきたのですが、特に何も起こらずゲラルトさんは無念の帰宅。

うーん?いつもよく分からないタイミングでゴーサインが出るのに、この流れではダメなのか。まあこういうのは相手あってのことですし、仕方がありませんな。

 

 

f:id:sirokuma014:20161119155145j:plain

結局プロの方にお願いしました。

 

 

<サブクエ:刃の記憶>

f:id:sirokuma014:20161121002816j:plainゲラルトさん「そういえばこの剣、ずっと借りパク状態だなあ・・・」

宿屋で一人晩酌をしながら、ふと思い出したゲラルトさん。持ち主はさぞかし困っていることでしょう・・・。

ということで、この剣の元の持ち主を探すことにします。謎のウィッチャー・ベレンガーさんの行方も気になる所ですし。

ゲラ(´-`)。oO(この剣はザラーから押収したって言ってたっけ)

 

 

f:id:sirokuma014:20161121003615j:plainリサイクルショップの店長、ザラーさん。

なかなか気難しそうな上、なんだか機嫌も悪そうです。早速銀の剣の入手経路を尋ねてみたところ、「そんなのいちいち覚えてないわw」と一蹴されてしまいました。

しつこく訊いてみると、とあるギャンブラーから買い取った、ということが判明します。

 

ゲラ「これってベレンガーさんのだよね」
ザラ「違うと思う」
ゲラ「えっ」

ベレンガーさんの持ち物は別のルートから買ったとか。彼のお財布やパンツはコールマンさんから買い取ったそうです。

剣は彼の物ではなかったようですが、身ぐるみ剝がされたという事実は変わらないようです。

 

じゃあこの剣は誰の・・・?

そのギャンブラーは宿屋”ふさふさの熊”亭の常連らしいので、お話を聞きに戻ります。

 

 

f:id:sirokuma014:20161121091612j:plain賭博師。どうやらこの人のようです。

ゲラ「銀の剣どこで手に入れたの?^^」
男性「忘れちゃった^^」
ゲラ「そんなに殴られたいのかよ?」

ゲラルトさんは男性のモブに対して非常に暴力的であります。

彼が言うには、剣は賭けに勝って病院の庭師から貰ったそうです。

 

 

f:id:sirokuma014:20161121092733j:plainこちらがその庭師さん。退役軍人のようです。

5年前のニルフガード国との戦争中、ブレンナという場所で戦っていたそうです。そこで出会ったのがウィッチャーのコーエンさん。コーエンさんは亡くなり、彼の剣は庭師さんが預かっていたとか。

庭師「いつか他のウィッチャーに譲ろうと思ってちゃんと保管してたんだけど、賭けに負けて手放しちゃった^^;」

 

つまり、

コーエンさん
↓死んだ
庭師
↓賭けに負けた
ギャンブラー
↓売った
リサイクルショップ
↓押収された
警察
↓借りパク
ゲラルトさん←いまここ

ってことですね。

 

 

f:id:sirokuma014:20161121135901j:plain
シャニさんがコーエンさんの事を知っている、と庭師が言うので話を聞きにやってきました。

お休み中でしたが、夜しかお話してくれないので致し方ありません。

シャニさんは以前ブレンナで働いていたことがあって、コーエンさんは彼女の患者だったそうです。

シャニ「剣についてはゾルダンに聞いてみたら?あいつ武器に詳しいし」

 

 

f:id:sirokuma014:20161121140037j:plain物凄く至近距離で話してくるゾルダンさん。

武器に精通しているという彼に、コーエンさんの銀の剣を品評してもらいます。

ゾルダン「良い剣持ってるじゃん^^」
ゲラルト「やった^^」

ということで、持ち主は既にこの世を去っているようですし、物も良いということで、このままありがたく使わせてもらうことにしました。

 

 

 

で、ベレンガーさんは・・・?↓