読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロクマにわかブログ

のんびり運営中。ネタバレにご注意下さい。

いまさら<The Witcher>無印をやる #08

The Witcher ゲームプレイ記録

 

<サブクエ:ベレンガーの秘密> 

f:id:sirokuma014:20161121141022j:plain剣の調査を終え、ゾルダンさんと薄いビールを飲みに来たゲラルトさん。

そういえば、結局ベレンガーさんはどうなったんだっけ?彼のことが気になったゲラルトさんは調査に乗り出します。

 ゲラ(´-`)。oO(ザラーが彼の持ち物をコールマンから買ったとか言ってたな)

 

 

f:id:sirokuma014:20161121142125j:plainラムズミートさんとサシ飲みをしているコールマンさんを発見。仲が良いみたいです。

コールマンさんは麻薬の密売人。ラムズミートさんは裏社会のボス。二人ともアングラな世界の住人のようです。

早速コールマンさんにベレンガーさんの持ち物をどこで手に入れたのか聞いてみますが、全然教えてくれません。基本的にここらの人たちはみんな口が悪くて冷たいです。

 

仕方なくビールを奢り、ベロベロに酔わせて話を聞き出す敏腕刑事ゲラルトさん。

コールマン「お買い得だったもんで、沼地のレンガ職人から買い取ったんだよ」

酔うと陽気なコールマンさん。ベレンガーさんのパンツ等々を安く買い取り、ザラーさんに倍の金額で売りつけたそうです。セコい商売してるなあ・・・。

 

 

f:id:sirokuma014:20161121154913j:plain
てことで沼地へGO。

レンガ職人達の村を目指します。
職人の村かぁ・・・どんな所なんだろう。

 

 

f:id:sirokuma014:20161121155531j:plain怖・・・。

長老のバスカさんを訪問したゲラルトさんでしたが、これは完全にお取込み中でしたね。

ここのレンガ職人達は水神様という神様を祀っているようです。何を信仰しようと個人の自由ですので、ここは一旦スルーして、ベレンガーさんについて尋ねます。

教祖「魔術師の塔の辺りをウロついてたよ」

ベレンガーさんは錬金術師カークスタインさんに雇われて、なにやら錬金術について調べていたようです。

f:id:sirokuma014:20161121161353j:plain
↑ちなみにカークスタインさん。
ヴィジマ郊外で一度会ってます。

 

ベレンガーさんの所持品は彼らの職場である粘土抗で拾ったそうです。そこには戦った跡があり、荷物は血まみれだったとか・・・。

なんだか不穏な空気です。

 

 

f:id:sirokuma014:20161121162246j:plain仏さんが二人・・・。
粘土抗にやってくると、死体が無造作に転がっていました。

 

ゲラルトさん「ベレンガーは死んだ・・・ヴェセミルに悲しい知らせをしないとな・・・」

 

え?

この死体ベレンガーさん?

 

一方の死体には「真っ二つになったサラマンドラのブローチ」と、「ウィッチャーの霊薬」が残されていました。

彼がウィッチャーであり、サラマンドラに襲われたということが、僅かに残された所持品から分かります・・・。

 

にしてもムービーとか一切なく、死体はあまりに無造作に転がっていたものですから、ゲラルトさんに言われるまで気が付きませんでした。

でもゲラルトさん、ベレンガーさんの顔知らないんじゃあ・・・。それに死んだと思っていたウィッチャーが生きてたってことはままあるらしいので、もしかしたら・・・?

 

 

ということですので、彼の足取りを追う旅はここで終わりです。いつかご本人に会えると思っていたのに、こんな結末なの?

ちょっとショック。

 

 

なんかテンション下がっちゃったので、せっかく沼地に来たことですし観光して帰ることに。

ここはマジでモンスターだらけなのですが、結構沢山の人が暮らしているようです。柵を作って松明立てまくりたいマイクラ脳。それではいってみましょう。

 

<サブクエスト:巡礼>

f:id:sirokuma014:20161123143444j:plain
おじいさんをメリテレの祭壇まで護衛中。

お祈りしたいから祭壇まで連れて行って欲しいとのこと。怪物だらけの中、人雇ってまでお祈りに行こうってのがすごいですよね。

じいさん「息子よ^^」
ゲラルト「俺はあんたの息子じゃねぇぞ」

ボケてるのかボケてるフリをしているのか分かりませんが、そんなに遠くもないですし行ってみます。

 

 

f:id:sirokuma014:20161123144352j:plain
このじじいものすごく逃げ足が速いです。

敵が襲ってくるとあっという間に遠ざかり、しっかりと防御姿勢。安全が確認されるまで絶対に戻ってきません。その上「歩くのが速い」だの文句言ってきます。

ヴェスナさんみたいに好戦的なのも困るけど、いまいち腑に落ちないゲラルトさん。少年と犬の方がよっぽど勇敢です。

じじい「今度ウチに遊びにきてね。本も見せてあげるしご馳走するよ^^」

ゲラ 「長生きしろよじじい」

祭壇まで送り届けると、大して祈りもせずに帰って行きました。

 

 

f:id:sirokuma014:20161123150551j:plain
コッカシディウム討伐。

道中襲われて危うく死ぬところでした。普通のエキノップスより大きくてめちゃくちゃ強かったです。

 

 

f:id:sirokuma014:20161123151148j:plain
洞窟だ。入ってみよう。

もはやほら穴に入ることに何の抵抗もないゲラルトさん。このゲームのダンジョンはわりと狭めなので、結構気軽に入れちゃいます。

中は狼とキノコ、お墓があったくらい。掲示板に<狼討伐依頼>が出てたので皮を沢山持って帰ることにします。

 

 

f:id:sirokuma014:20161123152851j:plain
なにこの人!?小っさ!かわいい^^

木こり代表のヤレン・ボルトさん。ドワーフっていうよりホビットです。見かけはお小さいですが、話してみると中身はただのおっさんでした。

ゲラルト「お仕事ありませんか」
ホビット「お花を摘んで船頭に渡してね」

儲け話のようです。
まあウロウロしてれば見つかると思います。

 

 

f:id:sirokuma014:20161123153838j:plain
え・・・なにこれ・・・。

モンスターの石像が沢山建っています。
これはいずれ復活して全部倒さなきゃいけない奴っぽいですね。嫌だなあ。

 

 

f:id:sirokuma014:20161123155223j:plain
え?なにこの人?緑色ですごくキレイです。

ドルイドの森で出会ったモレンさん。ドライアドという種族らしいのですが、周りはじいさんばっかりなんですよね。話しかけてもいまいち要領を得ない感じです。

森で生活するのに裸族とはキツそうです・・・スクショ撮るのに角度苦労致しました。

 

 

f:id:sirokuma014:20161123160331j:plain
エルフのイェヴィンさん。

同じくドルイドの森にいました。シュッとしたお兄さんですが、高圧的だしあまり友達にはなりたくないタイプです。

ヴィジマにいるヴィヴァルディさんにお手紙を配達するお仕事を貰いました。

 

 

f:id:sirokuma014:20161209231530j:plain
スコイア=テルの野営地。
なんだかみんなピリピリしてます。

 

 

f:id:sirokuma014:20161209232018j:plain
魔術師の塔。
中には入れません。

この辺りは特にモンスターが多くて、ちょっと移動するのも結構なストレスです。

 

 

f:id:sirokuma014:20161123160821j:plain
お、これがベガ―ティックの花か。
摘んでおこう。

これで沼地も大体見て回ったかな?

 

 

<サブクエスト:人喰い人種>

帰りにじいさんが住む小屋を見つけ、そういや遊びにこいって言ってたなあと軽い気持ちで立ち寄ってみると・・・

f:id:sirokuma014:20161123161325j:plain
このじじい、人間食べてる・・・。

わりとどうでも良かったのですが、ゲラルトさんが激おこだったので成敗しました。

 

 

 

次回はアルバイト回です↓