読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロクマにわかブログ

のんびり運営中。ネタバレにご注意下さい。

いまさら<The Witcher>無印をやる #10

The Witcher ゲームプレイ記録

 

 <メインクエ:神秘の塔>

さてと、以前ベレンガ―さんの足取りを追ったとき、錬金術師が彼を雇っていたことが判明いたしましたので、今日はカークスタインさんを訪ねてみようと思います。

 

f:id:sirokuma014:20161122161423j:plain
錬金術師、カークスタインさん。
自宅の地下室で一人、ぶつぶつ言いながら怪しい実験をしていました。人生充実しているようでなによりです。

 

錬金術師「沼にある魔術師の塔を調べてくれー!」

いきなり飛び掛からん勢いでゲラルトさんを雇おうとするカークスタインさん。そういや、ベレンガーさんも彼に雇われて塔を調べてたって話でしたっけ。

 

よくよく話を聞いてみると、彼は塔に残された魔術師の研究について論文を書き、一躍有名になりたいそうだ。

意外と野心家なんだ・・・。

なんとなくガッカリだわカークスタインさん。

 

錬金術師「塔の中に連れて行ってくれたら・・・1000オレン払う!

 

 

1000・・・!?

 

 

ゲラ「僕にやらせて下さい!」

大体の依頼は200オレンですから、これは破格です。ちょうど散財したばかりですし、ここらでサクッと稼ぎたい!

錬金術師「まずは塔について書かれている本を探してきて」

ゲラルト「・・・^^」

このじいさん本当にやる気あるのか?
それくらい自分でやっておけよな・・・。

 


f:id:sirokuma014:20161121235908j:plainとりあえず本屋さんにやってきました。

残念ながら在庫切れだったのですが、お目当ての本はゴラン・ヴィヴァルディさんがお持ちのようです。譲っていただけないか交渉してみましょう。

 

ヴィヴァルディさんといえば・・・

f:id:sirokuma014:20161122111514j:plain
町で銀行の広告を見かけました。

 

 

f:id:sirokuma014:20161122112202j:plainヴィヴァルディさん!?

ご自宅を訪ねてみると、衛兵に囲まれるゴランさんの姿が・・・。あっという間に連行されてっちゃいました。宇宙人捕獲の写真みたい。

 

よく分からないのですが、彼の甥っ子が非人間族のテロ組織スコイア=テルのメンバーで、連絡を取りあっていたというゴランさんは共謀の罪で逮捕されたようです。

これ、私が第一章でスコイア=テルをやっつける選択した為に起こったイベントみたいです。あの時はまだハレンが普通の人だと思ってたから・・・なんか悪いことしちゃったなあ。

 

 

慌てて地下牢まで追いかけます。

 

f:id:sirokuma014:20161122161711j:plainいたいた。ションボリしているな。

看守のジェスロに話をさせてくれと頼んでみますが・・・。

ジェスロ「保釈金200オレンです^^」

 

これは痛い・・・。

 

まあこの依頼が完了すれば1000オレン貰えるわけだし・・・ゴランさんが捕まったの半分ゲラルトさんのせいだし・・・致し方あるまい。

 

保釈金を支払うと即解放されたゴランさん。真っ直ぐお家に帰ろうとする彼を慌てて呼び止めます。本持ってませんか!と。

ゴラン「保釈金のお礼にあげちゃう^^」

話の分かる人だな。

よし、錬金術師の元へ戻ろう。
ゴランさん気を付けて帰れよ。

 

 

では、指定の本を手に入れたので、カークスタインさんに報告します。

 

ゲラ「本の内容をレポートにまとめました」

カー「全部知ってたw」

 

じじい・・・!

 

魔術師の塔の中に入るには10個のセフィロットとかいうのを集めて、塔の周りの石柱にはめる必要があるようです。

カー「一個は持ってるからあげるね。あと全部集めてきて^^」

 

10個も集めんの!?

ひええ・・・。
さすがに10個は多くないか?カークスタインさんは人使いが荒いと思います。

 

 

カークスタインさんに渡されたメモを頼りに、次はセフィロット集めです。

大体セフィロットってなんなんですかね。意味も分からないまま走り回るゲラルトさんです。

 

とりあえず

ひとつはカークスタインさんに貰ったやつ。それから下水道でコカトリス退治したときに入手したやつ。バスカさんに貰ったのと、沼地の洞窟で見つけたやつ。

あと4個。意外と持ってました。

 

 

f:id:sirokuma014:20161211170715j:plain病院内にあるメリテレの祭壇。

お供え物が出来るのは知ってたけど、一度もお供えしたことないんだよな。適当にチーズを放り込んだら、ぽいっとセフィロットが出てきました。簡単でよかった。

 

 

f:id:sirokuma014:20161211171330j:plain
湖畔で優雅に食事中のデクランさん。
彼がひとつ持っているようですので、譲ってもらえないか交渉します。

 

社長「500オレンです^^」

 

ちょっと高いけど高価なものらしいし、かなり大切にしていたそうなので致し方ありませんな・・・。しかしこれは痛い出費です・・・。

 

 

もう一つは石化したゴーレムを復活させてやっつける必要があるようです。

「雷を一発お見舞いすれば復活するはず」と、カークスタインさんが仰るので、次は誘雷針を探しに行きます。

 

 

f:id:sirokuma014:20170114020450j:plain誘雷針を作ってもらう為に鍛冶屋に来ました。

鍛冶屋「50オレンです^^」

まあ、まあ・・・これくらいは・・・。 

 

 

f:id:sirokuma014:20161211155317j:plain嵐を呼んでもらう為にドルイドの森へ。

ドルイド「500オレンです^^」

 

目玉飛び出るくらい高いな。

 

この費用は全部ゲラルトさん持ちなんですかね!1000オレンくれるっていうから始めたことなのに、とっくに赤字じゃねーか!

割に合わない!
割に合わない!

しかしここまで来たら最後までやるしかありません。本当に嵐になったので、誘雷針をゴーレムに刺してみます。

 

 

f:id:sirokuma014:20170114021541j:plain

 

f:id:sirokuma014:20170114021639j:plain

 

 

f:id:sirokuma014:20170114021657j:plain
ファー!来ました来ました!

しばらく一生懸命殴っていたのですが、全然効かないんですよね。これはおかしいぞってことで、近くの石柱をベタベタ触っていたら、ゴーレムに雷が直撃してノックダウン。無事セフィロットをゲットしました。

 

 

残り1つなんですけど、カークスタインさんのメモには「黙ってれば手に入る」としか書いてないんですよね・・・。

ここまで多大なる労力と金銭を払ってきたのですが、このクエストは今の時点ではこれ以上進められないようです。なんだよ。

 

 

 

次回、沼地のサブクエ消化パートです↓