読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロクマにわかブログ

のんびり運営中。ネタバレにご注意下さい。

いまさら<The Witcher>無印をやる #27

 

 <第五章>

 

戦闘真っ只中のヴィジマへ戻ってきたゲラルトさん、野戦病院にいるというシャニさんを探しに、旧市街への門をくぐったところから第五章は始まります。

 

<メインクエ:ストリンガ王女殿下>

f:id:sirokuma014:20170128102935j:plain
旧市街に入ると、そこにはフォルテスト王と市長ベレラッドの姿が。

この人がテメリアの王様!

やっとご尊顔を拝見できました。ベレラッドさんは王様と仲が良いって自分で言ってましたけど、本当だったんですね。

 

 

f:id:sirokuma014:20170128103213j:plain
騎士団長ジャック・ド・アルデルスベルグ。

この人が噂の騎士団長!

団長「王様はお城に隠れてたほうがいいんじゃないですか。軍の指揮権僕に下さい^^」

王様「王様は逃げたりしないもんです。すっこんでろよタコ^^」

お二人なんだか険悪なムードです。

 

 

f:id:sirokuma014:20170128104232j:plain
そこへのこのこやってきたゲラルトさん。

王様「あっ、あいつ!」

ゲラルトさんを発見した王様は部下に城まで連れてくるように命じます。

あれ、シャニさんを助けに行く途中だったんじゃあ・・・。どういうわけかゲラルトさんはお城へ案内されることに。

 

 

f:id:sirokuma014:20170128162012j:plain
そういうわけでお城へやってきました。

王様「娘がまた怪物になっちゃった><」

その呪いを再び解いてほしくてゲラルトさんを呼びつけたようです。王女を救う特別チームとしてトリスさん、ド・ワットさん、ベレラッドさんを招集しているので、彼らから意見を聞いて問題を解決するように、とのこと。

 

 

f:id:sirokuma014:20170128162745j:plain
ではまずトリスさんからお話を聞いてみます。

先にアルヴィン君が消えてしまったことについて申し開きをしておきました。

トリスさんも彼の強い魔力には手を焼いているようです。瞬間移動だけではなくて、時間も飛び越えられるらしいです彼は。

 

ゲラ 「あの子はきっと大丈夫だ。それより俺たちのことについて考えていたんだが・・・」

トリス「ゲラルト・・・///」

あれれ、アダ王女についての話し合いではなかったの。急に始まる告白タイム。

お付き合いするか完全に振ってしまうか、ここで最終決定するようです。

 

ゲラ 「この戦いが終わったらアルヴィンと三人で暮らそう。家を建てるよ」

トリス「私は庭の手入れと料理をして、あなたは牧畜、夜は私のために手作りのバグパイプを演奏するの」

わー夢が広がります!
ゲラちゃんがバグパイプw似合うw

でもそんな未来は訪れない気がするわごめん。

 

はい。永遠の愛を誓い合ったところで本題に戻りましょう。

アダ王女の呪いがまた再発してしまった原因を、トリスさんは彼女に近しい何者かが再発防止用ネックレスをすり替えたのではと睨んでいるようです。

 

 

f:id:sirokuma014:20170128164744j:plain
アダ王女のお世話係だったド・ワット伯爵。

こいつ悪い奴じゃなかったっけ?と思って話しかけたら「過去のことは水に流そう^^」とか言われちゃいました。

伯爵「王は怪物化した王女が目障りなはず。排除するのがあんたの仕事だ」

え、ほんとに~!?

 

 

f:id:sirokuma014:20170128214939j:plain
ベレラッド市長の意見。

市長「王はアダ王女をとても愛している」

伯爵と言ってることが真逆ですが、こっちの方が真実味があるしほっこりしますね。

話を聞いてみると、市長はテメリアと王に対する忠誠心がなかなか厚そうです。わりと男気もある感じ。市民から人気がないのがとにかく気の毒です。

 

 

f:id:sirokuma014:20170128220031j:plain
王様から呼び出されて二階の会議室へ。

 

 

f:id:sirokuma014:20170128220355j:plain
王様「どう?娘の呪い解けそう?」

もし失敗するようなら殺していいし、それについて罪には問わないと言ってくれました。しかし万が一殺すのなら、出来るだけ苦しまないように・・・と。

市長が言っていた通り、王様は娘のことをちゃんと大事に思っているようです。ゲラルトさんのことも結構信頼してくれてるみたいですし。

誰が呪いを掛けたのか分かったらこっそり教えることと、サラマンドラの排除にも尽力してくれとのことです。

 

王様「最後にひとつだけ言わせて。あんたの個人的な生活について報告を受けてるんだけど・・・」

ドキッとしました。まさか町でのやんちゃが全て王様の耳に入っているのではと。

王様「トリスといい感じらしいじゃん?」
ゲラ「あんたにゃカンケーねーだろ」
王様「上手くいくといいね^^」

 

え、なんですかねこの件は。

王様は実の妹との恋が実らなくて辛い思いをしたので、二人の恋を応援したいそうです。有難いけど余計なお世話ですよね・・・。

王様「俺のようになるなよ。ま、ウィッチャーは子供できる心配ないけどなw」

余計なお世話ってか下世話だな王様。

 

王様「あと・・・その・・・これは誰にも言わないで欲しいんだけど・・・」

ゲラ「まだ何か^^;」

王様「ポーカーの相手してくれない・・・?」

 

王様・・・!

 

 

f:id:sirokuma014:20170128222538j:plain
さすが王様、お金持ち!

ゲラルトさんは接待ゲームなんて器用なこと出来ません。600オレンもベット出来たのでウハウハです。

フォルテスト王って厳格で怖い人なのかとおもってましたが、案外気安い人でしたね・・・。

 

 

 

モンスターと化したアダ王女はヴィジマ旧市街で目撃されているようです。そんなわけで、次回は旧市街へ戻ります↓